2021年11月25日木曜日

鹿島美術財団東京美術講演会8

 


蘇東坡「湖上に飲めば初め晴れ後雨ふる」

  水面[みなも]の光キラキラと…… 天気がよければ素晴らしく

  ぼおっと翳[かげ]る山の峰 雨降りゃこれまた得も言えず

  もしも西湖を絶世の 美人の西施にたとえれば

  バッチリメイクと薄化粧 どっちもいいのとよく似てる

0 件のコメント:

コメントを投稿

世田谷美術館「民藝」3

  学生時代に最も愛読した――というより最も愛用した水尾氏の著作が『古都の障壁画』である。真珠庵から養源院まで京都の十五カ寺が取り上げられ、障壁画の筆者問題が意欲的に論じられている。それは足と眼で書いた本だった。近世の日本絵画に興味を感じ始め、障壁画を見て回っていた私にとって、最...