2021年11月22日月曜日

鹿島美術財団東京美術講演会5

 

A 近衛家煕『槐記』(享保14年<1729413日条)

 宗達ガ画ハ影坊子ヲウツシ得タルモノナリト云、尤モノコトナリト仰セラル

B 菊岡沾涼『近世世事談』(享保18年<1733>)

 光琳絵 此流はしやうじにうつるかげを見て、書いだせしものなり

C 富田景周『燕台風雅』(寛政3年<1791>)

田原屋宗達、字伊年、金沢に匏系すること四、五年なるべし。其の子宗説<説一に雪に作る>亦来寓す。公、宗説に命じて金城竹殿に画かしむ。相伝う、此の時生竹を伐り取り、之れを燭前に立て、夜、其の竹影に倣い、之れを写すと云う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

世田谷美術館「民藝」3

  学生時代に最も愛読した――というより最も愛用した水尾氏の著作が『古都の障壁画』である。真珠庵から養源院まで京都の十五カ寺が取り上げられ、障壁画の筆者問題が意欲的に論じられている。それは足と眼で書いた本だった。近世の日本絵画に興味を感じ始め、障壁画を見て回っていた私にとって、最...