2021年5月5日水曜日

端午の節句2021 1

 

 今日は55日――端午の節句です。このゴールデンウィークは、コロナのお陰で()静嘉堂文庫美術館も閉館になっていて、出勤の要もありません。その静嘉堂文庫の初代文庫長は重野成斎、名は安繹[やすつぐ]という歴史家にして漢学者です。以前から仰ぎ見ていましたが、このところとみに尊敬の念が増してきて、ゴールデンウィーク中は一杯やりながら、もっぱら成斎の著述や関連資料を読んで過ごしました。

端午の節句を迎えた今日は、かつて中国でこの日に飲んだという艾酒[がいしゅ]――ヨモギ酒を試みようと思っています。昨日散歩がてら摘んできたヨモギもスタンバイしています。市役所裏の公衆トイレの横に生えていたんです() 

植木久行さんの『唐詩歳時記』には、『金門歳節記』という書物に、「洛陽では『端午、朮羹[じゅっこう]・艾酒を作る』とあるので、艾草[よもぎ]の酒もあったらしい」と書かれています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

東京藝大美術館「渡辺省亭」展3

  それまでぜひ拝見したものだと思いつつ、実見の機会はなかなか得られませんでした。それというのも、これは秘仏のような作品で、毎年旧暦の 5 月 18 日に 1 時間だけ公開されることになっていたからです。いつも時間の調整がつかず、ついに見ないままにきてしまっていました。これを見ず...