2018年10月27日土曜日

静嘉堂文庫美術館「アイヌ文化に親しみましょう」1


静嘉堂文庫美術館
 「静嘉堂コンサート“アイヌ文化に親しみましょう”松浦武四郎が見た北海道の源流・アイヌ文化を音楽と物語で辿る」(106日)

 松浦武四郎展にちなんで企画した静嘉堂ミュージックコンサートです。第一部のMusica Hokkaidoによる「伊福部昭歌曲集」は、北海道に生まれ北海道を愛した作曲家――というよりも、一般的には映画「ゴジラ」の音楽で有名な伊福部昭氏の歌曲を集めて、僕らを最北の北海道からさらにサハリンへといざなってくれました。

ソプラノ・藤本明日香さん、バリトン・根岸一郎さん、ピアノ・小部晴枝さんらによるMusica Hokkaidoは、北海道で生まれた文化を多くの方々に知ってもらう目的で、2010年に結成されました。アイヌ音楽と伊福部昭作品の紹介を二本の柱として、活動を続けています。また、アイヌ文化と比較してもらえるように、ヨーロッパの中心部における先住民であるケルト人の文化や音楽も、併せて広く伝えるようにしているそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

金子啓明『古代一木彫像の謎』6

本来タケも東南アジアの原産で、それが中国にもたらされたものと考えられています。タケのことを英語で「バンブー」といいますが、これはタケを祭祀などで燃やす習慣のあった東南アジアで、その破裂音を聞いた欧米人が、これをその名称に用いたものであると、どこかで読んだ記憶があります。 ...