2018年6月7日木曜日

静嘉堂「酒器の美に酔う」<お酒の絵>4


B李白「将進酒」戯訳

君見ずや天より下る大黄河 海へ走って二度と還らず

白髪を立派な鏡に映す人 朝黒かったのに夕べにゃ雪だ

人生は楽しめるうち――それが花 月に酒樽さらすは馬鹿だ

天賦の才あるからいつかは就職できる 使った金などいつかは戻る

羊やら牛のご馳走たらふくと…… 飲むなら三百杯を飲むべし

岑先生 丹丘君にも一献二献 「いや結構」など言うんじゃないよ

君がため僕が一曲歌うから 耳をそばだて是非聴いてくれ

大仰な音楽ご馳走不要なり 酔いから醒めずにただいたいだけ

偉人でも死んでしまえばそれっきり 酒飲みだけが歴史に残る

曹植の平楽観の宴会に 出た酒一斗が一万銭だ

「金がない」なんてこの俺言うものか 買ってくるからじゃんじゃん飲んで

花紋の名馬 ミンクの衣裳

ウェイターに持って行かせて美酒に換え 一緒に消そうよ!! 万古の愁い

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

不倫文化論1

 先に「謹賀新年」と題して、王安石の七言絶句「元旦」から今年の「饒舌館長」を始めたところ、この北宋を代表する士大夫詩人には誠に失礼なことながら、永井荷風『断腸亭日乗』の「一盗二婢三妓四妾五妻」まで行っちゃいました。さらに続けて書きたいと思いましたが、いくら何でも「謹賀新年」じ...