2018年6月4日月曜日

静嘉堂「酒器の美に酔う」<お酒の絵>1


静嘉堂文庫美術館「酒器の美に酔う」<617日まで>おしゃべりトーク「お酒の絵上戸館長口演す」(63日)

 今回も我が「おしゃべりトーク」にたくさんの方々がいらして下さいました。心からお礼申しあげます。機会を逸した河野ファン?のために、当日配った資料を改めてアップすることにしましょう。もちろん、ちょっとバージョンアップしてありますよ! 「酒器の美に酔う」展は今月17日(日)までやっていますよ‼ 話題の「曜変天目」も出てますよ!!! 

キーワード
 『古事記』『日本書紀』 応神・仁徳朝 百済 『魏志倭人伝』『播磨風土記』 酒神
 『万葉集』 平安時代の酒 鎌倉時代の酒 室町時代の酒 江戸時代の酒 近代の酒
民族の酒→朝廷の酒→酒屋の酒→本場の酒・田舎の酒→合理化の酒
外国影響 坂口説 醸造技術 飲酒文化 坂口謹一郎『日本の酒』(岩波新書)

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

金子啓明『古代一木彫像の謎』6

本来タケも東南アジアの原産で、それが中国にもたらされたものと考えられています。タケのことを英語で「バンブー」といいますが、これはタケを祭祀などで燃やす習慣のあった東南アジアで、その破裂音を聞いた欧米人が、これをその名称に用いたものであると、どこかで読んだ記憶があります。 ...