2018年1月29日月曜日

静嘉堂文庫美術館「歌川国貞展」8


もちろん、このような西洋美術史の様式を用いて、それとの共通性を求めようとするときは、多くの陥穽が待ち構えています。西洋の概念を、安易に東洋に当てはめるべきではないという警告も発せられています。そもそも、そんな実証には何の意味のないという醒めた意見もあります。

しかし、物事の類縁性を探すことは、区別や分類とともに精神的快楽であり、人間が大昔からやってきたことなのです。そして表面的な、あるいは現象的な相似性の背後に、影響関係や共通原理が見出されるとすれば、そこには重大な意味が存在することになります。実を言うと、ヨーロッパにおけるマニエリスム論の展開は、このような類縁性発見の旅だったように思われるのです。

国貞にとって最良のマニエラは師であった初代豊国でした。すべてのマニエラは、初代豊国が用意してくれていたのです。ところで、国貞最高の美人画として人口に膾炙するのは、「星の霜当世風俗」シリーズの「行灯」です。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

不倫文化論1

 先に「謹賀新年」と題して、王安石の七言絶句「元旦」から今年の「饒舌館長」を始めたところ、この北宋を代表する士大夫詩人には誠に失礼なことながら、永井荷風『断腸亭日乗』の「一盗二婢三妓四妾五妻」まで行っちゃいました。さらに続けて書きたいと思いましたが、いくら何でも「謹賀新年」じ...