2017年12月17日日曜日

静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画」<書芸>2


陸治「荷花図」

 バッチリ宿るしげき露 湿度いよいよ高くなる

 どうすりゃいいのさ? 大汗に 薄絹の服ベチョベチョに

 突然風が…… ヘンポンと 汗の衣もひるがえる

 模様のツバメが軽やかに また美しく飛び回る



王建章「米法山水図」

 六月の厳しい暑さおさまらず 小さな書斎は燃えるごとくに……

 庭先で日影はジャスト南中し 窓辺にゃ昼寝のいびき流れる

 たちまちに気持ちよき雨降りだして 庭の竹林サヤサヤ揺れる

 その瞬間 昼寝の夢から醒めて見る 林の靄[もや]の藍に染まるを

 モクレンの花を散り敷く石畳 雨だれ軒から池へ集まる

一、二杯やれば旧友思い出す 誰か一緒に語り明かさん

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

静嘉堂文庫美術館「川喜田半泥子私論」7

翌日はお馴染みの河野トーク、演題は「福田豊四郎 北国の抒情」、この郷愁の画家について持論を吐露していたら、絶筆の「紅蓮の座・池心座主」にたどりつく前に、タイムアップとなってしまいました。 この日の午前中はフリーだったので、前から訪ねてみたいと思っていた石水美術館への...