2017年12月18日月曜日

静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画」<書芸>3


張瑞図「秋景山水図」(韋応物「藍嶺精舎」)

 石壁の上に建ってる仏教寺院 雲をしのいでその上に出る

 いい旅路 初めて願いが実現し 険路を踏破 夢見た景色

 切り立った崖傾いて下暗く 小さく見えるはくねる渓流

 何となく緑の林もの寂びし 広い境内 そびえる楼閣

 お寺から僧侶がトボトボ下りてきて 深夜に独り帰って行きたり

 日は落ちて周りの峰々翳るとも 錦秋 多くの滝共鳴す

 「落ち込むなぁ!! 仕事も家庭もストレスで どうすりゃ長き安らぎを得ん?」

 *この作品には「日落羣峯陰 天秋百泉響」と書かれているだけですが、じつは中唐の詩人・韋応物の五言詩「藍嶺精舎」の中の二句なんです。孫望編『韋応物詩集繋年校箋』(中国古典文学基本叢書)によりながら戯訳をつけてみました。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

水田宗子編『比較メディア・女性文化研究』6

戦後の日本現代詩の「和歌的抒情」(小野十三郎)と俳句第二芸術論(桑原武夫)に表明される詩的伝統の否定は、それが思想的に、日本、東洋思想から西欧思想へ内的基盤を移すことを意味しているわけではない。既に西欧近代はヨーロッパからの脱却として東洋思想と文芸に大きな影響を受けながら...