2017年12月18日月曜日

静嘉堂文庫美術館「あこがれの明清絵画」<書芸>3


張瑞図「秋景山水図」(韋応物「藍嶺精舎」)

 石壁の上に建ってる仏教寺院 雲をしのいでその上に出る

 いい旅路 初めて願いが実現し 険路を踏破 夢見た景色

 切り立った崖傾いて下暗く 小さく見えるはくねる渓流

 何となく緑の林もの寂びし 広い境内 そびえる楼閣

 お寺から僧侶がトボトボ下りてきて 深夜に独り帰って行きたり

 日は落ちて周りの峰々翳るとも 錦秋 多くの滝共鳴す

 「落ち込むなぁ!! 仕事も家庭もストレスで どうすりゃ長き安らぎを得ん?」

 *この作品には「日落羣峯陰 天秋百泉響」と書かれているだけですが、じつは中唐の詩人・韋応物の五言詩「藍嶺精舎」の中の二句なんです。孫望編『韋応物詩集繋年校箋』(中国古典文学基本叢書)によりながら戯訳をつけてみました。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

イセ・ベトナム・シンポジウム「現代アートと伝統」13

こうなると零を 3 つとって 5 倍するという河野換算法がきわめて有効で、即座に 30 × 5 = 150 と出ちゃいます。あのスタイニーは日本円で 150 円だったんです。 あとで安村さんにこの話をすると、そのKというのはキロ、つまり 1000 の意味だろうと言うので...