2018年9月13日木曜日

岡田米山人・お酒の詩4


 周りはみんな酔っ払い 自分も我を忘れたり

 酒盛りさらに盛り上がりゃ これ仙人のユートピア

 そこに天才絵師登場 流れるごとく揮う筆

 描き出したり!名山と 大きな沢の傑作を

   もともと米山人はお酒を飲みませんでしたが、古稀を過ぎてから、はじめてお酒の素晴らしさを知るようになりました。酔っぱらうと天衣無縫にして豪放磊落、みずから「酔仙」と名乗りました。画品きわめて高く、しかも酔っぱらって描いた作品が一番すぐれています。


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

山種美術館「皇室ゆかりの美術」4

青邨は、本来のいい意味で「したたか」だったのです。漢字で書けば「強か」ではなく、「健か」の方がふさわしいでしょう。青邨はそれを奥に秘め、決して表面に出すことをしませんでした。だからこそ、青邨を誰よりも早く見出し、高く評価した横山大観のような、おもしろいエピソードはあまり多...